ハイエナ初心者講習@養分打ちを辞める方法とは?②

この記事は4分で読めます

今回のハイエナ初心者講習は、養分打ちを辞める方法②になります^^

 

前回同様、養分打ちに悩む方が多数いるということなので、また真面目に書きます!

宜しくお願い致します(^◇^)

——-スポンサーリンク——-

養分打ちとは、平打ちのことで、設定狙いもしくはゲーム数不問、期待値不問でとにかく打ちたい!と思う台をぶん回す人です。

それと期待値はあるけど、少しボーダーを下げて期待値が低いところから打つ人、やめどきがきっぱりできずにだらだら打ってしまって、レア役を引いて余計なゲーム数を回してしまい期待値を下げてしまう人です。

 

あ、あと期待値はあるけど、変なところで打ちやめてしまい、その後誰かにおいしいところを持っていかれる逆ハイエナ状態になってしまう人のことです。

 

おそらく多くの人が悩んでいるのは、打ちたい!という衝動に負け、好きな台を打ってしまい後で後悔する人だと思います。

 

 

そんなあなたにこの言葉を送ります。

 

 

「打っていいのは打たれる覚悟があるやつだけだ。」

 

 

 

 

・・・・誰だかわかりますか??

 

 

はい、コードギアスのルルーシュですねwwww

 

これはまさに養分打ちに対して言っています。

打って負けて、「くそー!!」だとか「打たなきゃよかった。」なんて思う人は、そもそも打たれる覚悟がないのに打ってしまっている人です。

権利と義務と同じですね。

 

納税しないのに権利ばかり主張する人と同じ、彼女には○○やめてと言うのに自分はできていない。

自分を棚に上げちゃいけません。

 

どうせ打つなら、負けても何も文句を言わない覚悟があるなら打ってよし!

例え養分打ちでも打ってよし!

 

 

ってことなんです。

 

 

覚悟がないなら打つな!

それだけのことなんですね。

 

 

はい、前置きはここまで。

それじゃ養分打ちを肯定しまいますのでww

 

本題に入りたいと思いますwwww

——-スポンサーリンク——-

例え、負ける覚悟があっても打ってはいけません。

これが期待値稼働の信念です。

 

それでも打ってしまう養分スロッターのあなたにこの言葉を送ります。

 

 

 

「やらない覚悟」

 

 

 

 

これはかの有名なスティーブ・ジョブズの言葉です。

 

この言葉の真意なんですが、やらないというのは非常に覚悟がいることです。

 

 

それは何故かと言うと、今まで積み重ねてきたものを壊してしまうことだからですね。

 

例えば、よくこんなことを言う人がいます。

 

 

「僕は苦労して国立大学を卒業したんだ。そこで学んだことを生かした仕事をしたいんだ!」

 

 

確かに国立大学にしろ大学は非常にお金がかかります。

親に仕送りしてもらって迷惑をかけてでも行った大学です。

そして、苦労して勉強して、寝る間も惜しんで単位を取って卒業してきました。

 

それはもちろん誰しも大学で勉強したことを生かしたいと思うものです。

 

しかし、現実何が起こっているのかと言うと、「これは僕のやりたかった仕事じゃない!」と言い出すのです。

 

 

 

これは社会人を経験していたらわかると思います。

 

 

結局、この人はどうしても勉強したことを生かしたい気持ちに負け、仕事を辞めてしまう。

 

変なプライドが邪魔をして、自分を自分で追い込んでいることに気付かないんですね。

 

 

 

本当にできるやつはやらない覚悟がある人です。

 

 

例えば、数学が得意で苦手が国語な人がいるとします

僕は数学が得意だから、苦手な国語はやりません!という人の方が実は頭がいいんです。

 

 

普通の人は例え苦手でも一応国語を勉強しようとします。

そうすると何が起きるのかというと、平均的な人間にしかならないんですね。

まんべんなく勉強ができるけど、突出してずば抜けて何かできる人にはなれません。

 

 

得意なことをしっかり伸ばしていく!

 

 

そんな人の方が学生時代は肩身が狭いかもしれませんが、社会に出てからは得をします。

 

 

でも、数学が得意だから数学だけを勉強しようとした人は、何故受験で不利になるかもしれない国語をやらない覚悟が出来たのでしょうか。

 

 

それは「絶対的な自信」があるからです。

得意な数学を伸ばすことに絶対的な自信があるからなんですね。

 

 

 

それと一緒で、養分打ちの人はハイエナ稼働に絶対的な自信がないんです。

だから、養分打ちをやめることが出来ない。

 

 

「もしかしたら、あの台は期待値はないけど出るかもしれない。」

 

 

養分打ちをする瞬間ってこんな感じじゃないですか?w

 

 

「かもしれない」というのはタラレバで、十分なリスクヘッジ(ここでは打って負けたときの損失を想像)が出来ない人ですと言っているようなものです。

 

 

かもしれないは来ません。来たとしても偶然です。

 

 

「行けたら行くわ!」って人、来たことがありますか?wwww

 

 

 

逆に、「だって、ハイエナ稼働でも勝てないんですもん。」

 

 

と反発して思っている方に一言言います。

 

 

 

あなたは負けるべくして負けているんです!

 

養分打ちをすることで期待値収支はどんどん下がります!

 

ハイエナを応援する神様がいたら、養分打ちするあなたにがっかりして、怒っているに違いありません。

 

だから、ハイエナ打ちした時に神様はいじわるするんです!

 

 

 

|д゚)

 

 

 

調子に乗ってしまいましたw

 

 

 

まぁわかりやすく説明するとこんな感じですね。

自分で自分を負かしに行っていることに気付きましょう。

 

ということで、ハイエナ稼働に自信を持ってください。

するとやらない覚悟が強くなり、養分打ちはしなくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:かふぇおれ兵長

かふぇおれ兵長
【2014年収支】 +5,834,900円 【2015年収支】 +4,590,700円 【2016年収支】 +6,060,600円 【2017年収支10月まで】 +6,951,500円
----スポンサードリンク----

【Facebookページ】交流の場★いいね有難う御座います!

【人気商品】

【youtube】

ジャギチャンネルさんに作ってもらいました(*´ω`*)